「東海村臨界事故」の英訳に挑戦 - 8

動画を見るにはここをクリック。
Click here to watch the video.

(19:15~22:20)

しかし一週間後、血液の細胞に微妙な変化があることがわかりました。
A week later, however, subtle mutations were observed in his blood cells.

大内さんの体内に根付いたばかりの妹の細胞の染色体です。
These are the chromosomes from his sister's cells that just took root in his body.

その一部に異常が発見されました。
In some of them, abnormalities were found.

染色体に傷が付いていました。
The chromosomes were damaged.

これも放射線が原因ではないかと医療チームは考えました。
The medical team presumed that the radiation was also responsible for the damage.

大内さんの体を貫いた放射線によって、体内の物質が変化し、自ら放射線を発するようになっていました。
When penetrated by the radiation, substances in his body were mutated to emit radiation on their own.

その放射線が妹の染色体を傷つけたのではないかと見られました。
It was inferred that the radiation from inside his body had caused the chromosome damage.

「血液の病気で骨髄移植を受ける、あるいは末梢血幹細胞移植を受けるという患者さんはたくさんいらっしゃいますが、そういう患者さんで新たに根付いた細胞にですね、そういう異常が見つかったことはまったくないわけですね。
"There are a lot of patients who have blood diseases and receive a bone marrow or peripheral blood stem cell transplant. However, it has never been observed that cells transplanted to the patients have that kind of abnormality. 

ですから我々にとって、ある意味で衝撃でもありますし、まあ放射線被曝の怖さでもありますし。
We were shocked by the post-transplant chromosome damage and we realized once again the horror of radiation exposure.

その理由が何かっていうことは、ずいぶん議論にはなりましたが、もちろん証拠が何もありませんので、結論は出てませんけどね。」
We keenly discussed the possible causes of the damage. However, we couldn't reach any conclusion because there was no evidence."

病状の悪化は、血液と皮膚だけにとどまりませんでした。
The aggravation of his condition was not limited to his blood and skin.

大内さんの腸の内視鏡映像です。
This is an endoscopic image of Mr. Ouchi's intestines.

死んだ粘膜が白く変色して、垂れ下がっています。
The dead mucous membranes turned white and drooped down.

大量の下痢も始まりました。
Voluminous diarrhea began.

放射線の被曝では、腸など消化管の障害から死に至るケースが多いとされます。
It is said that radiation injury patients often die due to digestive tract disorders.

前川医師が最も恐れていた事態でした。
Dr. Maekawa's worst fear had happened.

家族の同意を得て、臨床試験中の薬も投与しました。
Investigational new drugs were administered with the consent of Mr. Ouchi's family.

しかし、下痢の量は日に日に増え、1日3リットルを超えました。
However, the amount of diarrhea increased day by day to more than three liters per day.

下痢が始まって3週間後、腸の中で出血が始まりました。
Three weeks after the diarrhea had begun, his intestines started bleeding.

粘膜がはがれたところから染み出した血液があふれていました。
His intestines were filled with blood that oozed from the wound where mucous membranes had fallen off.

大内さんの輸血の記録です。
This is the record of Mr. Ouchi's blood transfusions.

青いシール1枚が輸血1回分です。
One blue sticker corresponds to one transfusion.

半日で10回以上行われた日もありました。
There were days when more than ten transfusions were performed in half a day.

[<< Back]   [Return to Index]   



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へにほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

0 件のコメント :

コメントを投稿