サマータイムが体内時計を狂わせる【和訳付き】



When we adjust our clocks for Daylight Saving Time, our bodies react by shifting our circadian rhythms to try and align with the new schedule. But when this change happens quickly and involuntarily, it can throw off our natural clocks and result in health problems.
サマータイム(夏時間)に合わせて体内時計を調整するとき、私たちの体は24時間周期のリズムをずらして新しいスケジュールに合わせようとします。しかし、この変化が急激かつ強制的であると、体内時計が混乱して健康上の問題を引き起こす場合があります。

Our bodies are hardwired to react in certain ways based on the appearance and disappearance of daylight, and sudden changes to that cycle don't go over well. For instance, when it gets dark outside, our eyes send a signal to the part of the brain that controls our internal clock, sending a cue that it's time to go to sleep. Our brains relay that message to the body so it releases melatonin, a hormone that helps us sleep.
私たちの体は日光の有無に基づいて一定の反応を示すように作られており、そのサイクルを突然変えようとしてもうまくいきません。たとえば、外が暗くなると、私たちの目は体内時計をつかさどる脳の部分に信号を送ります。もう寝る時間だという合図を送るのです。私たちの脳はそのメッセージを体に伝え、睡眠を促すホルモンであるメラトニンを分泌します。

But when we change our clocks, our circadian rhythms still operate as if the change never happened. Researchers say nearly no one following Daylight Saving Time can get their body's clock to align with the current time before it falls back to standard time in November.
しかし、時計の針を動かしても、私たちの体は何も変わっていないかのように24時間周期のリズムを刻み続けます。研究者によると、サマータイム導入地域では、11月に標準時に戻るまで、体内時計を現在時刻に合わせることのできる人はほとんどいないそうです。

And these disruptions have implications for our health. Studies show that when our circadian rhythms are thrown off, it increases the risk of having a heart attack or developing cancer, and can lead to mood swings or poor cognitive functioning.
このような混乱は、私たちの健康にも影響を及ぼします。24時間周期のリズムが乱されると、心臓発作やがん発症のリスクが高くなり、気分の変動や認知機能の低下につながる可能性があることが研究によりわかっています。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へにほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へにほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

0 件のコメント :

コメントを投稿